無料ブログはココログ

心と体

2012年10月 5日 (金)

ぎっくり腰になる原因ってどうなんでしょうか?

朝が、キタ━(゚∀゚)━! なんてね、今日もお付き合い感謝です。



人々を突然襲うぎっくり腰。



どうして、急に痛んでしまうのでしょうか。



ぎっくり腰には様々な原因があって、それらが絡み合う事で引き起こってしまいますが、大きなもので3つあるだと言えます。



1つめは筋肉の慢性的な疲労です。日常生活の中で筋肉は使われ、疲労します。







規則正しい生活習慣をしていれば日常的な疲労は回復しますのですが、睡眠不足や運動不足(加齢と共に筋肉の量は衰えてしまいますから、毎日少しずつでも運動をするべきですね)など不規則な生活(自分である程度コントロールできることもあるでしょう)をしていたら筋肉を回復させる機能が働かず、その疲労は回復しないまま、どんどん蓄積されてしまいます。



その蓄積した疲労がやがてぎっくり腰として現れるとなっています。







2つめの要因としてあげられるのは骨格が歪む事です。



日頃の生活の中で使用する筋肉は限られてしまう事が多く、使ってみる筋肉と使わない筋肉で負荷の差が生まれ、それが筋力(意外と簡単なトレーニングでつけることができます。



ただ、負荷の掛け方やフォームには注意した方がいいでしょう)のアンバランスになって骨格のゆがみに繋がって行きます。



その結果、骨格の歪みが周囲の筋肉の負荷やバランスをも崩し、その崩れたバランスを立て直そうとする事で疲労が蓄積して、突然ぎっくり腰になってしまう訳です。







3つ目として考えられるのが急激な負荷のかけ過ぎです。



上半身と下半身を繋ぐ腰周辺に対し、止まった状態から急に動いたり、とある方向から全く逆の向きに急に切り替えたりする事が大きな負荷となり、ぎっくり腰を招いてしまいます。



この場合は、普段の生活での小さな疲労が蓄積して起こるのではなくて、大きな負荷が突発的にかかることにより引き起こされます。







ただし、いずれも根本的な原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)ではありませんので、人間の数だけ原因(これを究明してこそ、新たな道が開けるというもの)があるという事をお伝えしておきます。







さてと、どんとはれ





この記事の関連ワード
に効く温泉 ヘルニア 中島裕之 生理痛 ロングブレス 

2012年9月 5日 (水)

腰の痛みを改善するツボについて!

おはようございます。今日もご訪問感謝いたします。

ツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を刺激する事によって、身体のいろいろな症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を緩和してくれる働きがある事は有名でしょう。

もちろん、腰の痛みの治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)にも効果の高いツボと言う物が存在しているのです。



腰の痛みに効くツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)は、主に背中に集中していますから、自分でツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を見つけて刺激する事はちょっと困難です。

出来れば、鍼灸院等へ来院して、専門家にツボ治療(素人にはツボがどこにあるのかを正確にみつけることは難しいでしょう)をして頂くと良いですよ。



けれど、腰の痛みがそれ程強くない場合や、自分でツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)を探せる箇所もありますから、そういう場合には自分でツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)の刺激を行う事も可能です。

例えば、手足にも腰の痛みに効くツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)がある為、その辺りですと自分で探し出すのも簡単だといえるはずです。



手の場合だったら、人指し指と中指の間の関節、そして、小指と薬指の間の関節を下まで辿っていくと骨が交わる箇所があるものですが、そこが腰痛のツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)となります。

足でしたら、膝関節の裏側付近のシワの真ん中ほどのツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)、足の裏側でふくらはぎ(マッサージすると健康にいいといわれています)が盛り上がった部分から少し下付近の窪みのツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)等があるでしょう。



ツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を刺激する際は、気持ちがいいからと強く押したりしないで、リラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)して優しく行うようにして下さい。

ツボ刺激の目的は、身体全体の血流を促進し新陳代謝(遅れると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)を高め、体内のバランス調整を行うことにありますので、むやみめったやたらに刺激すれば良いというものでもません。



いくら効果的とはいえも、押す回数を増やしてみたり、強く刺激したりしないように要注意でしょう。




というわけで、明日はいい日かな~


この記事の関連ワード
内臓疾患 生理前 急な の治し方 ヘルニア 

2012年9月 2日 (日)

腰痛いラジオ体操はいかがですか?

こんばんは、今日もお付き合いよろしくお願いします。

ラジオ体操と言うと、何を思い出しますか?

小学生時代に夏休み(職種によっては、お盆にはとれないこともあるでしょう)中、早起きをして、眠い目をこすりながらしぶしぶやっていた方も割といますね?

あのおなじみのイントロを聞いたら、ラジオ体操(リズムや音楽などに合わせて、色々なポーズをとる運動をいいます)だと殆どのひとが気付いてしまう程、人々に知られているのです。



元々は、1928年に逓信省簡易保険局が国民保健体操(最近では、マルモ体操が人気を集めています。芦田愛菜ちゃん、かわいいですよね)として制定しました。

それが初代のラジオ体操(ムリをせず、正しいフォームを意識して、毎日コツコツやることが大切です)と思います。

2代目が1946年に制定され、195一年に3代目が制定されました。

実は、皆さんがしってるラジオ体操(それほど運動量が多くないような気がしますが、真剣にやるとけっこう大変です。継続することで健康維持に役立つでしょう)は3代目でしょう。



ちなみに、ラジオ体操第2も3代目で、初代が1932年、2代目が1946年、そして、3代目が1952年に制定されました。

さらに、ラジオ体操の時によく流れるラジオ体操の歌(CDが売れなくなってきた反面、ダウンロード販売での売上が伸びているようです)は1956年に発表されました。

1999年には、新たにみんなの体操(日本人にとっては、ラジオ体操が最もなじみの深い体操ですね)と言う物も制定されています。

以上のように、ラジオ体操は時代(どうしても現在よりも過去の方がいいという人が多いのは、きっと記憶を美化しているのでしょう)と一緒に変化しています。



ラジオ体操(日本で一番有名なのはラジオ体操でしょう。真剣に毎日やると健康の維持に役立つそうですよ)は小学生(学割がきくのが嬉しいですよね。

携帯電話料金なんかも安くなったりします)やお年寄りだけでなく、さまざまな会社や職場でも取り入れられていることでしょう。

さて、実はラジオ体操(ナントカ体操がブームになることが多いですね。すぐに廃れてしまいますが)はたいへん優秀な体操だというのを御存知だったでしょうか?



あの数分の体操)の中には、全身のあらゆる筋肉や関節に影響を与える動きが含まれています。

勿論、1~2回体操(最近では、マルモ体操やグルコサミン体操などがブームになっているようです)をしたからといっても、効果があるわけではありません。

でも、毎日継続して行うことで血行が良くなって筋肉が柔らかくなり、腰痛や肩こり等、様々な症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)を軽減する効果が見られるになります。



それに、意外なことに消費するカロリーが高く、ダイエット(一時、痩せられたとしても、結局、また戻ってしまうのであれば意味がありません)にも効果が期待できます。

まさに継続は力なり、ではないかと思います。



てなわけで、今日はこのへんにして・・・。


この記事の関連ワード
生理痛 椅子 ロングブレス 予防体操 中島裕之 

2012年8月30日 (木)

椎間板ヘルニアと腰痛と坐骨神経痛について!

「坐骨神経痛(お尻の付近の肌に近いところが痛むでしょう)」のことを病名だと思われている方が多いものですが、坐骨神経痛は「腰痛」等と同じようなその症状の名称です。

背骨から出ている坐骨神経は、お尻を貫いて大腿部の後ろを下がり、ふくらはぎ(マッサージすると健康にいいといわれています)を通って足に達しているのです。

この坐骨神経が圧迫されて引き起こされる神経痛の総称を「坐骨神経痛」と呼んでいるのです。



坐骨神経痛(腰の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)が起こる原因として挙げられているものには、腰部脊柱管狭窄症、すべり症、仙腸関節炎、梨状筋症候群、股関節疾患(基本的には、早期発見・早期治療というのが大切になります)など色々あるものですが、その中に椎間板ヘルニア(腰痛の原因の一つとしてとても有名ですよね)も含まれています。

椎間板ヘルニア(症状が現れていなくても、実は罹病していることもあるそうです)は、主に腰の部分の腰椎第4と第5にかけて発症するのですが、それがなんで下半身全体の症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)にまで影響するのでしょうか。



それは、下半身の痛みを脳に伝えるのが、主に坐骨神経とその中枢にある脊髄の役割だからです。

つまり、下半身以外の箇所に異常があったとしても、臀部部分と言う坐骨神経痛(腰の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)の痛みが何処かにあれば、それは下半身の痛みであると脳に伝えてしまうのです。

椎間板ヘルニアの症状(その程度やどんなものがというと、人によって個人差があるでしょう)が進行していくと、腰痛に限った事ではなく、このお尻から大腿部の裏にかけて鋭い痛みが走ったり、足全体がまんべんなく痛んでしまったり、というケースが考えられるでしょう。



坐骨神経痛(腰の下の方が痛む時には、疑ってみた方がいいかもしれませんね)の症状は、安静にしていても痛みが治まらず、咳やくしゃみ(急に冷たい空気を吸ったり、悪臭がした時にも起こることがあります)をするだけで激痛が走る場合もあるみたいですので、その元になる原因を探し出す事が重要だと言えるのではないでしょうか。



ということで、今日はそんな感じ、最後まで読んでくれてありがとう!


この記事の関連ワード
生理痛 ヘルニア 排卵 椅子 に効く温泉 

2012年8月27日 (月)

腰の痛みとクッションの役割

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金~!!!皆さま、いかがお過ごしですか?

長い時間椅子に座ったら骨盤(開き気味でも閉じ気味でも、心身に不具合を生じさせると考えられています)の傾きが変化し、それに伴って姿勢も悪くなりがちです。

その為、腰痛に悩んでいる方も多くいると思います。

椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)に座っている状態でも正しい姿勢が保てるような椅子も存在していますが、会社等では自分が思っている事のみで椅子(日本語では腰かけともいい、色々な形のものがあります)を取り替えることは不出来るはずです。

そこで活用して頂きたいのが、腰の痛みに効果を持つと言われているクッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)です。



このような腰痛クッション(一般的には、椅子と一緒に用いられることが多い弾力性のあるものが入った小さな布団のようなものをいいますね)と呼ばれているものは、腰の痛みを緩和させたり予防したりするのに有用です。

いつも利用している椅子の上に置いて座るのみで、腰への負担が少ない姿勢を自ずと作ってくれるのです。

椅子(日本語では腰かけともいい、色々な形のものがあります)に長時間座ってデスクワーク(たかが事務仕事と考えがちですが、効率よく行うためにはそれなりのコツがあります)を行っている人や、車の運転をすることが多い方は、腰痛クッション(ビリヤード台には、球がぶつかった時の衝撃を和らげるための弾力性のある緩衝材が縁についています)を使う事で腰の痛みもとても軽減されるのではないでしょうか。



素材は、腰への圧迫をちょっとでも減らし、血行を良くする為、一般的に使われているクッションとは異なり、低反発素材で製作されているのが珍しくありません。

そう言った事から、座り心地が悪かったり、腰痛クッション(中に詭められた素材によって、感触や座り心地も変わってきます)を使用しても腰に痛みを感じたり行う時には、貴方には腰痛クッションは合わなかったという事で、使用は控えるようにした方がいいかもしれませんよ。



その場では、どれくらいの椅子(日本語では腰かけともいい、色々な形のものがあります)でも良い姿勢で座ることができると呼ばれている、クッション(ビリヤード台には、球がぶつかった時の衝撃を和らげるための弾力性のある緩衝材が縁についています)と座お布団の丁度中間のような商品も存在していますので、こみたいな物も是非試してみてください。

クッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)を使用する事によって、腰にやさしい椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)へと変身できるといいですね。



というわけで、今日のところはここまに、さようなら~☆


この記事の関連ワード
子宮筋腫 椅子 ロングブレス 排卵 排卵日 

2012年8月24日 (金)

ぎっくり腰になる原因はどうでしょう?

人々を突然襲うぎっくり腰。

なぜ、急に痛んでしまうのでしょうか?

ぎっくり腰には様々な原因(どう頑張ってもわからないことも少なくありません)があり、それらが絡み合う事で引き起こりますが、大きなもので3つあると言われています。

一つめは筋肉の慢性的な疲労です。



毎日の生活の中で筋肉は使われ、疲労します。

規則ただしい生活習慣(規則正しい生活を送り、健康を害する恐れのある習慣は極力排除することが大切です)をしていれば日常的な疲労は回復するのですが、睡眠不足(睡眠不足が続くと、脳が休むことができないので、過労状態になってしまいます。

認知能力が低下したり、太りやすくなってしまったりするでしょう)や運動不足(休日などにいきなりハードな運動を行うと、かえって体に負担をかけてしまいますから、徐々に運動量や負荷を増やしていきましょう)など規則正しくない生活(良い習慣をいかにたくさん身につけるかということが人生を大きく左右するでしょう)をしていると筋肉を回復させる機能が働かず、その疲労は回復しないまま、ますます蓄積されてしまいます。



その蓄積した疲労がやがてぎっくり腰として現れるようですね。

2つめの要因としてあげられるのが骨格が歪むことです。

日々の生活の中で使用する筋肉は限定されてしまう事が多く、使用する筋肉と使わない筋肉で負荷の差が生まれ、それが筋力(あまりないのであれば、下半身、つまり、足から鍛えていくといいそうですよ)のアンバランスになって骨格のゆがみに繋がって行きます。

その結果として、骨格のゆがみが周囲の筋肉の負荷やバランスをも崩し、その崩れたバランスを立て直そうとする事で疲労が蓄積して、突然ぎっくり腰になってしまう訳です。



三つ目として考えられるのが急激な負荷のかけ過ぎです。

上半身と下半身を繋ぐ腰周辺に対し、止まった状態から急に動いたり、とある方向から全く逆の向きに急に切り替えたりすることが大きな負荷となり、ぎっくり腰を招いてしまいますよね。

この場合は、日常の生活での小さな疲労が蓄積して起こるのではなくて、大きな負荷が突発的にかかることにより引き起こされます。



ただし、何れも根本的な原因(これがあって結果があるというのが物事の道理というものですね)ではないので、人間の数だけ原因(時にはこれを考えて改善することで、より良い未来へとつながっていくはずです)があるという事をお伝えしておきます。



それでは、お終い!体にお気をつけください♪


この記事の関連ワード
内臓疾患 ヘルニア 予防体操 子宮筋腫 の治し方 

その他のカテゴリー