無料ブログはココログ

« 腰痛いラジオ体操はいかがですか? | トップページ | ぎっくり腰になる原因ってどうなんでしょうか? »

2012年9月 5日 (水)

腰の痛みを改善するツボについて!

おはようございます。今日もご訪問感謝いたします。

ツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を刺激する事によって、身体のいろいろな症状(普段とは体調が違うなと感じたら、とにかく病院で詳しい検査を受けてみた方がいいでしょう)を緩和してくれる働きがある事は有名でしょう。

もちろん、腰の痛みの治療(医師とよく話し合うことが後悔しないためには大切です)にも効果の高いツボと言う物が存在しているのです。



腰の痛みに効くツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)は、主に背中に集中していますから、自分でツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を見つけて刺激する事はちょっと困難です。

出来れば、鍼灸院等へ来院して、専門家にツボ治療(素人にはツボがどこにあるのかを正確にみつけることは難しいでしょう)をして頂くと良いですよ。



けれど、腰の痛みがそれ程強くない場合や、自分でツボ(WHOでも治療効果が認められていますが、その仕組みについてはまだ解明されていません)を探せる箇所もありますから、そういう場合には自分でツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)の刺激を行う事も可能です。

例えば、手足にも腰の痛みに効くツボ(指などで押す、お灸をする、鍼を打つなどして刺激します)がある為、その辺りですと自分で探し出すのも簡単だといえるはずです。



手の場合だったら、人指し指と中指の間の関節、そして、小指と薬指の間の関節を下まで辿っていくと骨が交わる箇所があるものですが、そこが腰痛のツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)となります。

足でしたら、膝関節の裏側付近のシワの真ん中ほどのツボ(自分での指圧では効果を感じられない場合には、せんねん灸などを試してみるといいでしょう)、足の裏側でふくらはぎ(マッサージすると健康にいいといわれています)が盛り上がった部分から少し下付近の窪みのツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)等があるでしょう。



ツボ(経穴とも呼ばれ、中医学や漢方医学において、刺激を与えることで不調を調整できると考えられている体の表面にある特定の部位のことです)を刺激する際は、気持ちがいいからと強く押したりしないで、リラックス(上手にリラックスできないと、ストレスが溜まってしまいますから、自分なりの方法を見つける必要があります)して優しく行うようにして下さい。

ツボ刺激の目的は、身体全体の血流を促進し新陳代謝(遅れると体がだるくなったり、肌のトラブルなどが発生するでしょう)を高め、体内のバランス調整を行うことにありますので、むやみめったやたらに刺激すれば良いというものでもません。



いくら効果的とはいえも、押す回数を増やしてみたり、強く刺激したりしないように要注意でしょう。




というわけで、明日はいい日かな~


この記事の関連ワード
内臓疾患 生理前 急な の治し方 ヘルニア 

« 腰痛いラジオ体操はいかがですか? | トップページ | ぎっくり腰になる原因ってどうなんでしょうか? »

心と体」カテゴリの記事