無料ブログはココログ

« ぎっくり腰になる原因はどうでしょう? | トップページ | 椎間板ヘルニアと腰痛と坐骨神経痛について! »

2012年8月27日 (月)

腰の痛みとクッションの役割

(#`・Д・´)v<こんにち月火水木金~!!!皆さま、いかがお過ごしですか?

長い時間椅子に座ったら骨盤(開き気味でも閉じ気味でも、心身に不具合を生じさせると考えられています)の傾きが変化し、それに伴って姿勢も悪くなりがちです。

その為、腰痛に悩んでいる方も多くいると思います。

椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)に座っている状態でも正しい姿勢が保てるような椅子も存在していますが、会社等では自分が思っている事のみで椅子(日本語では腰かけともいい、色々な形のものがあります)を取り替えることは不出来るはずです。

そこで活用して頂きたいのが、腰の痛みに効果を持つと言われているクッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)です。



このような腰痛クッション(一般的には、椅子と一緒に用いられることが多い弾力性のあるものが入った小さな布団のようなものをいいますね)と呼ばれているものは、腰の痛みを緩和させたり予防したりするのに有用です。

いつも利用している椅子の上に置いて座るのみで、腰への負担が少ない姿勢を自ずと作ってくれるのです。

椅子(日本語では腰かけともいい、色々な形のものがあります)に長時間座ってデスクワーク(たかが事務仕事と考えがちですが、効率よく行うためにはそれなりのコツがあります)を行っている人や、車の運転をすることが多い方は、腰痛クッション(ビリヤード台には、球がぶつかった時の衝撃を和らげるための弾力性のある緩衝材が縁についています)を使う事で腰の痛みもとても軽減されるのではないでしょうか。



素材は、腰への圧迫をちょっとでも減らし、血行を良くする為、一般的に使われているクッションとは異なり、低反発素材で製作されているのが珍しくありません。

そう言った事から、座り心地が悪かったり、腰痛クッション(中に詭められた素材によって、感触や座り心地も変わってきます)を使用しても腰に痛みを感じたり行う時には、貴方には腰痛クッションは合わなかったという事で、使用は控えるようにした方がいいかもしれませんよ。



その場では、どれくらいの椅子(日本語では腰かけともいい、色々な形のものがあります)でも良い姿勢で座ることができると呼ばれている、クッション(ビリヤード台には、球がぶつかった時の衝撃を和らげるための弾力性のある緩衝材が縁についています)と座お布団の丁度中間のような商品も存在していますので、こみたいな物も是非試してみてください。

クッション(相手に与える衝撃を和らげるために、「ワンクッションおく」なんていう表現もよく使われます)を使用する事によって、腰にやさしい椅子(ロッキングチェアやマッサージチェアに憧れる人も少なくないのではないでしょうか)へと変身できるといいですね。



というわけで、今日のところはここまに、さようなら~☆


この記事の関連ワード
子宮筋腫 椅子 ロングブレス 排卵 排卵日 

« ぎっくり腰になる原因はどうでしょう? | トップページ | 椎間板ヘルニアと腰痛と坐骨神経痛について! »

心と体」カテゴリの記事